voice
お客様の声

岡山市福田 H様邸

エアサイクル工法で年中快適 暮らしやすさを重視された住まい

以前はコーポにお住まいだったH様一家。ずいぶん前から「いつかはマイホームを」と考えていたものの、「突然思い立って(笑)」ということで、家づくりを決意されたそう。

H様一家が家づくりを任せたのは、地元で着実に実績を上げている西村建設。ちょうど家づくりを決心された頃、新聞の折込みチラシを目にしたことが同社とH様一家との出会いでした。“地元の工務店”というそのアットホームな雰囲気に惹かれたご夫妻は、火を置かず同社を訪問。「和やかな雰囲気の中で世間話を楽しんで帰りました(笑)」とのご主人の言葉のように、和気藹々とした雰囲気で楽しく家づくりが出来そうと感じ、同社での家づくりを決意されたそうです。
家づくりに際しては、注文住宅という利点を生かし、理想の間取りをご夫妻自ら紙面に表すところからスタート。限られたスペースの中で「ああでもない、こうでもない」とパズルのように部屋を組み替えていく作業はとても楽しいものだったそう。そこでH様が重視したポイントは“生活のしやすさ”。家づくりの先輩であるご両親の意見も参考にしつつ、生活の流れをイメージしながら間取りを決めていったそうです。その甲斐あって、実際に生活が始まってからは、その実用面での暮らしやすさを日々実感されているのだとか。

H様ご夫妻が西村建設での家づくりを決めたもうひとつの大きな理由は、同社が取り組んでいる「エアサイクル工法」にありました。太陽熱や地熱、風などの自然の力を利用して建物の断熱、蓄熱、放熱を行なうもので、年中どの部屋でも快適に過ごすことが可能。エアサイクル工法は、床下から壁、天井裏、小屋裏と空気が循環し土台や柱、梁など見えない部分の木材が常に動く空気に触れているため腐りません。したがって耐久性も向上し100年住宅が実現。さらにカビ、ダニ、シロアリの発生を防ぎ家族の健康を守ってくれます。ご夫妻に実際の住み心地を尋ねてみると、「夏でもあまり冷房に頼ることなく快適に過ごせました。家を永く使えるというのも嬉しいことですね」とのこと。さらに、今度はこれからやってくる寒い冬をどのように過ごせるか…ということについても楽しみにされていました。

実用性が高く、年中快適に過ごすことができる素敵なお住まいが完成し、お子さんともども大満足のH様一家。家づくりの最も大きな成功の秘訣は、どうやら同社との人間関係にあったようで「スタッフのみなさんと、家づくりについて何でも言えるような関係が築けました」と奥さま。人と人との良い関係が素敵な家づくりにつながるんだと改めて実感させられたH様邸でした。

※housing reportより抜粋

施工事例を見る
岡山市倉田 H様邸

コストの壁をアイデアでクリア。家人のプライベートを大切にできる住まい

マイホームを建てる時、予算は大きな壁になります。壁をクリアするために何かをあきらめるケースも少なくありませんが、今回はコストを抑えるために、安易に妥協するのではく、工務店のアイデアでカバーし、理想のマイホームを実現したH様邸をご紹介します。

今年で4歳になるご長男が幼稚園に入園するまでにはマイホームを完成させたかったというH様夫妻。焦りを感じ始められていたとき、情報収集として出向いた唯一の工務店が西村建設さんでした。偶然親しい友人が3人いたことで、施主としてのそっ職な意見を聞け、仕事内容などもじっくり吟味することができ、以前から好感を持っていたそうです。
また、H様は初めての訪問の際から、奥さまが手作りした理想の間取りを持参し、最初に予算を伝えられたとのこと。大手メーカーでは予算的に無理といわれたプランを、西村建設さんでは細部にわたって見直し、無理な要望を却下するのではなく、親身になってアイデアを出し、理想に近い間取りを実現してくれたそうです。

H様邸では個々のプライベートな時間を大事にできる空間づくりにこだわられています。映画鑑賞が趣味というご主人のためにリビングはオーディオルームとしても使えるホームシアター仕様。4歳からピアノを習い、ホテルのラウンジでも弾いていたという奥様はピアノの練習が気兼ねなくできるスペースをダイニングに確保。1階は続きの間としても、独立させても使える空間になっています。

全体のコストを抑えるために、まず廊下の必要性を見直されたとのこと。また、当初は総2階のプランでしたが、2階には必要な部屋数だけを確保し、余ったスペースに小屋裏収納を設置。いずれも床面積を少なくすることでコストダウンを図っています。「小屋裏収納を設けるなんて、私たちにはない発想でした。現状で部屋数は足りているので、余分な部屋をつくるより、収納スペースを設けてもらって、よかったです」と奥様。西村建設さんの長年にわたる経験と豊富な施工実績から生まれた、柔軟性のあるアイデアとお見受けしました。さらにH様邸ではコストを抑えることに加え、補助金制度も活用。タイミングとして県産材、エコ給湯、浄化槽を採り入れています。

「私たちだけの力でどこまで出来るか、自分たちらしい家を建てたかったんですね。コストを抑えて、よくここまで出来たと思います」と家づくりを振りかえられる奥様。どんな家を建てたいか、理解してもらえる工務店との出会いも大きなポイントになったとのことでした。

※housing reportより抜粋

施工事例を見る
岡山市西辛川 S様邸

イメージと予算を伝えてオーダーメイド。遊びごころあふれるシンプルな住まい

「よくあるパターンの家にはしたくなかった、普通はイヤだった」というSさん夫妻が一生に一度のマイホームづくりのパートナーに選んだのは、「自分の要望をこなしてくれる工務店」でした。
 すぐに家を建てたいという感じではなかったSさん夫妻。近い将来のためにと時々、住宅展示場に出かけることがあったそうです。まずは、住宅関係のお仕事をされていて、インテリアに興味をもつご主人が「すっきり、シンプルでモダンな感じの外観にしたい」ということだったので、そういうイメージの家を建てている住宅メーカーや工務店に足を運ばれました。ところが、ご夫妻のイメージと一致する家は見つからなかったとのこと。しかも各担当者と意思の疎通が思うように図れず、相性がいいとかんじる人とも巡り合えなかったそうです。

 ある日ご主人が仕事のつてで、西村建設さんとマイホームについて話す機会をもたれました。「こんな家を作りたい。でも予算は限られている」。それを理解してもらったうえで「やってみましょう」という返事をもらい、具体的に家づくりが始まりました。

 プランニングでは、最近、主流になっている広いLDKではなく、「あえて違うようにしよう」ということで、LとDKで分けられたそうです。また、トータルコーディネートされるケースが多い内装は、Sさん邸では扉を開ける毎にそれぞれ異なる空間が広がっていました。

 Sさんふさいはお二人ともインテリアなどに関心が高く、マイホームには相当なこだわりや思い入れがありました。が、実際の打ち合わせでは、写真や広告などをサンプルとして見せて、イメージを伝えるのみだったそうです。素材や色、デザインなど細々したことはすべて現場監督さんに任されました。「私たちなりにイメージはあっても、なかなか具体的に思い付かないので、現場の方にいろいろ提案してもらいました」と奥様。「私たちと感覚的な相性が合っていたので、お任せしても安心でした」とも。

 カフェなどの店舗を手がけたこともある現場監督さんだったので、画一的ではなく、斬新なアイデアが盛り込まれていました。照明に関しても「豆球が真中にあるタイプはイヤ」というリクエストに応えて、それぞれの空間に個性的な照明をセッティング。既製品で納得できない場合には現場でオーダーメイドしてもらった柔軟性も大きな魅力だったようです。
 現場監督さんを信頼して、カーテンまで選んでもらったというSさん夫妻。アイデアがいっぱいの、オーダーメイドなマイホームにご満足な様子でした。

※housing reportより抜粋

施工事例を見る
岡山市当新田 S様邸

多趣味なご主人のアイデアがちりばめられたゲスト大歓迎のマイホーム

「大勢の友だちを停めても大丈夫な、広い部屋と駐車場が欲しかった」そんな理由から住宅の新築を決意したsさんは、電車の中から偶然この土地を目にしました。ところがそこは西村建設の造成した分譲地。そこで、当初は別のメーカーでの建築を考えていたSさんは、断られるのを覚悟で土地のみの購入が可能かどうか打診してみたそうです。

気に入っていたこの土地に合わせ、家の間取り図まで考えていたご主人も、OKの返事をもらい一安心。その時、ご主人の書いた間取り図を見てもらったのがはじまりで話がはずみ、西村社長と意気投合。建物も西村建設でお願いしようということになったのだとか。

ダイニングに置かれたテーブルと椅子は、そんなご主人のこだわりが凝縮した特注品。テーブルの足を入れ換えると椅子と高さが同じになり、板の間の小あがりが出来上がるというすぐれもので、希望通りの予算で作ってくれるメーカーがなくてあちこち探したそうです。

お日様に向かって真っ直ぐに伸びたかのような階段を上がるとそこは家族全員のお気に入りのスペース。奥様が「前の家は3方がドアで暗かったから明るくしたかった」というだけあって、2階ホールは採光を最優先に考えた設計となっています。

不規則な勤務の間をぬって、足繁く建築中の現場に通っていたというご主人。おかげで、棟梁ともすっかり顔見知りとなり、時には仕事を手伝うほどの仲に。やがて、ご主人がアイデアを提供すると、ちょっとした手間でできる仕様変更や工事を快く引き受けてくれるようになったとか。家じゅうの壁の厚みや、わずかな隙間を利用して設けられた造り付けの収納や棚は、工務店や棟梁などのご厚意とご主人の努力の賜物といっても過言ではありません。

「建てる途中なのに、思いついたその場で変更できるなんて町の工務店、西村建設だからできたことですよ」とご主人。マイホームが出来上がった今は、ご家族との新たな生活に、多趣味なご主人ならではのアイデアをふるってくれそうです。

※housing reportより抜粋

施工事例を見る
岡山市足守 N様邸

女性建築家と工務店のコラボレーションで生まれた住み心地の良い家

マイホームを建てる際、だれもが憧れを抱くのが設計を建築士に依頼するということ。しかし、建築士の情報が少ないことや設計書費用など、さまざまな理由で躊躇してしまう人が多いといいます。Nさんもそんな理由から、当初は大手ハウジングメーカーでの建築を予定していました。「展示場へ家を見に行ったらトントン拍子に話が進んで、1~2ヶ月後には3社から図面ができあってきたんです。その中から一社にしぼって、プランを煮詰めていたんですよ」と、ご主人。奥様が作った要望リストを基に幾度かやり取りを重ねたけれど、なかなか折り合いがつかなかったといいます。そんな時、あれこれと相談にのってくれたのが奥様のお母様の知人である、建築士の岩津さん。見積や設計図を見て、プロに視点からいろいろアドバイスをしてくれたそうです。そんなお二人を見てお母様が「一度、岩津さんの設計した家もみせてもらったら?」と一言。住宅展示場では見られなかった木質感あふれるその住宅に感動し、Nさんは岩津さんに設計を一任されたそうです。
 そこで岩津さんが最初にしたことは、箇条書きにされた膨大な要望書を見て設計に盛り込む必要があるかどうかを検討するということ。「メーカーさんは、お客さま要望をすべて満たそうとするあまり、無理な設計をしてしまう場合があるんです。そのせいで、つい予算がオーバーしてしまうんですよ」と岩津さん。
 施工を担当したのは、施主と建築家、施工会社を結びつける「BANTANアーキテクトプログラム」というプロジェクトを主催する西村建設。吹き抜けや南向きのリビングダイニング、収納を充実させるといったお二人の要望もきちんと盛り込まれた住み心地のいい住宅派、雑誌の体験談や友人宅などを見て実地に勉強した奥様の努力のたまものです。大手メーカーでは実現できなかった納得のプランが、建築士岩津さんと西村建設、そしてNさんご夫婦との三者のコラボレーションで、ここに完成しました。

※housing reportより抜粋

施工事例を見る
岡山市 K様邸

約10年越しに叶えた理想通りのマイホーム

上から見ると、住まいを中心にぐるりと口の字型に庭や菜園が広がるK様邸。1階には音楽室、2階には開放感あるホール&ロフトなど、個性的な空間が広がっています。
K様が住まいを計画されたのは、なんと10年前のこと。土地探しから始めたものの、なかなか希望に合う物件が見つからず、粘り強く探し続けた結果、現在の場所に巡り合ったそうです。
「西村建設さんのホームページで見つけた翌日の朝、すぐに電話をして決めてもらいました」とおっしゃる奥さま。長年探されていただけに、もうこれ以上の土地は出てこないという思いもあったそうです。また西村建設さんがご近所ということもあり、お知り合いで建てられた方も多かったというK様。周囲の評判も相まって、すぐに新築プランが進み、住まいを建てることになりました。計画段階が長かっただけにプランも練られていたK様。「最初に自分たちで書いた間取りを持って行ったのですが、そこから西村さんに出してもらった間取りを見て、目からうろこでしたね」。希望していた音楽室や、家族がどこにいても気配を感じられる間取りなど、そこにはK様の思い描いたとおりの住まいがありました。
「2階ホールやロフトなど、本当に理想以上の住まいをつくってもらいました。この夏もエアコン1台で部屋中が快適になるので、光熱費もぐっと安くなった」という奥さま。納得できるまで吟味した、土地と住宅会社との出会いが成功の決め手となったようです。

取材~A家探Q~

※housing reportより抜粋

岡山市 T様邸

部屋干しで実感する、エアサイクルの家の快適さとメリット。

T様が、マイホーム建築を決意したのは就学を控えたお子さんのため。これまでにも、住宅展示場や友人から聞いた工務店を訪れたりしていたそう。そんななか、西村建設さんの雑誌広告を目にし、モデルハウスを訪れたT様。エアサイクルの家は初体験だったそうですが「暑い時期で、外に比べ室内が涼しく快適だったと記憶してます」とのこと。エアサイクルの家に好感を持った事と、ご主人の職場からも近く、お互いのご実家の中間に位置するこのエリアが気に入ったこともあり、T様は西村建設さんにご新居の建築を一任しました。
 プランニングでは「画像など資料をできるだけ用意した」という奥さま。その甲斐あってか「木の温もりが感じられる飽きのこない家を」というイメージ通りの住まいを実現することができました。もちろん、暮らしやすさへの配慮も抜かりはありません。中でも秀逸なのが、洗面室やトイレなどに造り付けられた収納。特にオープン階段下の空間を丸ごと収納にしたリビング階段は見事というほかありません。文字通り階段をオープンにした事で、間取りも風通もより開放的に。エアコン1台で冷暖房を賄えるのも、高気密高断熱で効率よく空気が循環するエアサイクルの家ならでは。「おかげで、2階の物干しの洗濯物が早く乾く」と奥さまも大満足のご様子です。でも、奥さまが何より喜んでいるのは、ご新居に越してからご主人が早く帰宅し、お子さんたちと遊ぶ時間が増えた事。これからの季節、是非にと望んで設置した、ウッドデッキで過ごす家族時間を楽しみにしているT様ご一家です。

取材~A家探Q~

※housing reportより抜粋

岡山市 T様邸

インナーバルコニーのある家

子供が3歳をむかえるまでに、マイホームを建てたいと考えていました。そんな折、実家近くでこの土地を見つけ、西村建設さんに行ってみましたが「まだ造成中で販売はもう少し待ってほしい」とのこと。せっかくだからと西村建設の見学会に足を運びました。太陽熱や地熱といった自然エネルギーを活用した建物の断熱や蓄熱、放熱を行うエアサイクルシステムに強く関心を持ち「建てるなら、西村建設さんのエアサイクルの家を」と思うようになりました。
LDKと一続きになった畳コーナー、廊下を収納の一部として利用する無駄のない間取りで、ゆとりの空間になっています。特に間取りの中に、4.5帖のインナーバルコニーを取り入れたのはに正解でした。2階ホールに開放感が出て、日々の暮らしに様々な恩恵をもたらしてくれています。

※housing reportより抜粋

岡山市 I様邸

自然と家族が集う住まい

すでに他社のプランでほぼ間取りまで決めていましたが、資金面や仕様などで悩んでいました。完成見学会で西村建設の家づくりに興味をもち訪問し、資金計画やプランを見直していくことになりました。そして、設備や仕様が自由に選べることが分かり、自分たちの理想の家づくりができると確信できたので西村建設に住まいづくりをお願いすることにしました。

※housing reportより抜粋

1 / 212
お問い合わせ・資料請求