吹き抜けのリビングの間取りについて

2013-05-30
リビングの吹き抜けの間取りは開放感があふれ、
室内でとても明るくなります。

そんな憧れの吹き抜けリビングですが、

さまざまなメリットやデメリットがあります。

メリットとしては、いつでも2階の様子を見ることができ、

採光をうまく取り入れることで、
いつでも明るく開放感に満ちたリビングになります。

玄関から室内にはいった時の広々とした空間は、

部屋をとても大きく見せてくれます

最初は、吹き抜けの間取りは考えていなかったけれど、

友人宅や住宅展示場で一目惚れをしたという方も多いようです。

しかし、デメリットもあります。

それは、です。
リビングの音がそのまま2階に響く形になります。

ですから、ライフスタイルがばらばらの家族が集う場合、

音が響いてストレスを感じる可能性もあるようです。

それと、光熱費が高い場合も。

吹き抜けリビングの間取りというのは、
単純に考えても、光熱費で賄う空間がかなり広いことがわかります。
そのため、コストがかなり高くなってしまいます。

しかしそれはあくまで低気密住宅での話で、

高気密の室内ですとそれほどコストが掛かることはありません。

ですので最近の高断熱・高気密住宅は、

そのことを見込んでの吹き抜けのリビングの推奨しています。
光熱費のコストも最大限抑えることで、快適な暮らしを提供できるようになっています。

しかし、その高気密住宅にもデメリットがあります。

そもそも高気密住宅と言うのは、魔法瓶効果と呼ばれる、
熱を逃がさないような仕組みの住宅を指します。

つまり一般の高気密住宅は、冬場は非常に光熱費が抑えられますが、

夏は逆に光熱費がかさんでしまうのです。

吹き抜けがあれば尚更です。

光が入る窓を取っていれば取っているほど熱が入ってくるので、
その熱は室内に留まり逃げません。

弊社のエアサイクル工法の外断熱は、

高気密住宅でも他社製品では他に類のない外断熱+壁内通気工法で、
夏でも建物内の温度を一般の住宅よりも、
10度以上抑えられるので非常に快適です。

しかも、光熱費は一般の高気密住宅よりもぐっと抑える事が可能です。

やはり吹き抜けというのは魅力の一つですから、
ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

LINEで送る

新しい記事 <<

前の記事 >>

新着ブログ

new
空気がまわって、...
2017.09.02
空気がまわって、...
2017.09.01
2017年度 夏季休業...
2017.08.04
西村建設の新CM公...
2017.07.25
ホームページ プチ...
2017.05.01
モデルハウス見学...
2017.04.26
お問い合わせ・資料請求