主婦が疲れないように、家事動線を短くしよう

2013-08-08
家の中で家族がどういう動き方をするのかを考える事を、
「動線計画」といいます。
動線には、家事動線、パブリック動線、プライベート動線があります。
これらの動線がお互いに邪魔にならないように、
部屋を配置していくことが大切です。
まず家事の作業と動線を分析してみましょう。
———————————————————————–
料理をつくる。ダイニングへ運ぶ。食べる、くつろぐ。
ダイニングから食器をキッチンへ運ぶ。食器を洗う。
ゴミを出す。
キッチンで料理する合間に、洗面所の洗濯コーナーへ。
洗濯機に衣類を入れて、スイッチを入れて、再びキッチンへ。
洗い終わったら、火を止めて、洗濯機へ。
洗濯物をだして、ベランダの物干し場へ。
———————————————————————–
家事をしているときは、短時間にこれだけの動きがあります。
効率よく、疲れないように、
キッチン、ダイニング、洗濯場、物干しを結ぶ
家事動線が短くなるように、各部屋を配置しましょう。
LINEで送る

新しい記事 <<

前の記事 >>

新着ブログ

new
空気がまわって、...
2017.09.02
空気がまわって、...
2017.09.01
2017年度 夏季休業...
2017.08.04
西村建設の新CM公...
2017.07.25
ホームページ プチ...
2017.05.01
モデルハウス見学...
2017.04.26
お問い合わせ・資料請求