空気循環の原動力とエアサイクルボードについて

2013-09-20
以前、記事で何度かお話ししている「エアサイクルボード」には、
空気が流れる層(エアサイクル層)が刻まれています。
このエアサイクル層が、床下と小屋裏につながり、
——————————————————————-
床下→壁体内→小屋裏→壁体内→床下…
——————————————————————-
というように、連続した空気の流れをつくりだします。

では、その空気の流れは、どうやって作り出すのでしょうか。

送風機を使う?
いいえ、そんな機械は一切使っておりません。

空気を循環させる原動力は、太陽と風といった、

コストのかからない熱費ゼロのエネルギーを利用するものです。

では太陽が出ていない時は全くの無駄?

いいえ、当然そんなことはございません。

太陽が出ていない時は、地熱と生活熱を利用します。

地熱とは、地中から上がってくる熱のことで、
地下1.5mの地熱はその土地の年間平均気温にあたる温度を持っているため、
夏は涼しく、冬は暖かいのです。

生活熱とは、私たちが日々の生活を送る中で発生する熱の事です。

例えば暖房や家電器具などからの熱、人体の熱などです。

空気は、温度が1℃でも高い方から低い方にながれていくため、

この地熱と生活熱、そして太陽の余熱をトータルすることで、
エアサイクル層を動かすエネルギーになるのです。

 

LINEで送る

新しい記事 <<

前の記事 >>

新着ブログ

new
空気がまわって、...
2017.09.02
空気がまわって、...
2017.09.01
2017年度 夏季休業...
2017.08.04
西村建設の新CM公...
2017.07.25
ホームページ プチ...
2017.05.01
モデルハウス見学...
2017.04.26
お問い合わせ・資料請求