「固定金利」と「変動金利」の違いとは?

2013-04-24

住宅ローンの場合は金利のタイプを固定金利にするのか、
それとも変動金利にするのかを決めることが必要としています。

固定金利と変動金利ではかなりの違いがあり、
そしてそれぞれメリットデメリットがありますので、
まずはそれらを把握するのが必要としています。

では固定金利と変動金利はどのような違いになっているのかをここで紹介致します。

まず固定金利と変動金利の大きな違いになっているのが、
市場の金利の影響を受けるのかそれとも受けないのかです。

固定金利の場合は最初に設定されている金利が返済完了まで変わりませんので、
市場の金利の影響を受けないようになっています。

変動金利になると名前の通り金利変動の影響を受けるようになっていますので、
金利が一定になっているのではなく、
上がったり下がったりしてしまいます。

このように金利のタイプによって、
金利がどのようになってしまうのかが変わってきてしまうので、
慎重にどの金利のタイプにするのかを決めるようにするのが必要です。

もししっかりと計画を立てて返済をと思っている場合は固定金利が適していて、
より安い金利で始めたいと思っている方には変動金利がお勧めになります。

その人が何を求めているのかで大きく違ってきてしまっていますので、
まずは自分が何を求めているのかを理解するようにして、
それから変動金利にするのかそれとも固定金利にするのかを決めるようにしてください。

LINEで送る

新しい記事 <<

前の記事 >>

新着ブログ

new
空気がまわって、...
2017.09.02
空気がまわって、...
2017.09.01
2017年度 夏季休業...
2017.08.04
西村建設の新CM公...
2017.07.25
ホームページ プチ...
2017.05.01
モデルハウス見学...
2017.04.26
お問い合わせ・資料請求