家の登記をする場合の費用はいくら?

2013-03-30

新築の家を購入したりそして中古物件などを購入をした際に、
必要としているのが家の登記になっています。

この登記ですが販売をしている不動産でしてもらえるようにもなっていますので、
家を購入したけれども登記をしたことはないという方は、
非常に多いのではないでしょうか。

なのであまり気にしない登記ですが、
しかし登記にはかなりの費用が必要となってしまっていますので、
これから家を購入をと検討している方にとっては、
登記にかかってしまう費用はどのくらいになっているのかが気になります。

そこで、実際に登記にかかってしまう費用は、
どのくらい必要としているのかを説明致します。

登記の費用ですが建物の状態によってかなり違ってきてしまいますし、
そして登記をしてくれる会社によっても違ってきてしまうので、
登記に必要としている費用は断言出来なくなってしまっています。

例えば古い建物を壊して、
住宅ローンを利用して新築を建てた場合の一例で19万円程度になっていますし、
土地を現金で購入をして住宅ローンを利用して新築を建てた場合では、
なんと40万円以上かかってしまっています。

このように状況によってかなり費用が違ってきてしまいますので、
まずは登記にかかってしまう費用はどのくらいになっているのかを、
見積もりしてもらうようにするのがお勧めです。

登記を自分で行うのはかなり難しくなってしまっていますので、
しっかりと登記をするためにも、
お願いをしてプロの方に登記をしてもらうようにするのが一番です。

登記に費用はかかってしまうようになっているのですが、
必ず現金で別途支払うようになっているのではなくて、
住宅ローンに組み込めるようになっていますので、無理なく登記をしてもらえます。

LINEで送る

新しい記事 <<

前の記事 >>

新着ブログ

new
空気がまわって、...
2017.09.02
空気がまわって、...
2017.09.01
2017年度 夏季休業...
2017.08.04
西村建設の新CM公...
2017.07.25
ホームページ プチ...
2017.05.01
モデルハウス見学...
2017.04.26
お問い合わせ・資料請求