住宅ローンの金利を見分けよう!

2013-07-10
目先の数字(金利)に目が行きがちですが、金利には3種類あります。
金利を比較する前に、それぞれの特徴を知っておくと検討がしやすくなります。

金利の種類は、

固定金利の「全期間固定金利型」と
変動金利の「固定金利期間選択型」「変動金利型」
の3種類です。

月々の決まった返済額の増減を左右するのが、この金利の種類です。

金利の傾向(動向)やライフプランの家計収支に合わせた選択が
ポイントになります。

【金利の種類と特徴】

全期間固定金利
 最初から最後まで同じ金利が全返済期間に適用されます。
 金利が上昇した場合にも影響を受けることはなく、
 借入時に総返済額と返済計画が確定しやすいのが特徴です。

固定金利期間選択型

 「当初5年間は○%」というように、
 一定期間に固定金利が設定されています。
 固定金利期間後には、金利が上昇すると
 返済額が増加する場合があります。

変動金利型

 金融情勢により定期的に金利が変動します。
 金利が低下すると返済額が減少しますが、
 逆に金利が急上昇すると未払利息が発生する場合もあります。
LINEで送る

新しい記事 <<

前の記事 >>

新着ブログ

new
空気がまわって、...
2017.09.02
空気がまわって、...
2017.09.01
2017年度 夏季休業...
2017.08.04
西村建設の新CM公...
2017.07.25
ホームページ プチ...
2017.05.01
モデルハウス見学...
2017.04.26
お問い合わせ・資料請求