低炭素住宅とは?

2013-04-08

去年の12月に新しい認定制度が始まったのですが、
それは低炭素住宅という新しい住宅となります。

今までは長期優良住宅という住宅の認定があったのですが、
これに近い住宅となっているのが低炭素住宅となります。

始まったばかりの低炭素住宅ですので、
どのような住宅が低炭素住宅になっているのかが知らない点でもあります。

そこで低炭素住宅とはどのような住宅になっているのかを詳しく解説致します。

低炭素住宅とは簡単に言いますと、断熱性はもちろんなのですが、
設備機器も含めてCO2の排出の削減を考慮した住宅となります。

CO2排出を極力抑えるようにするためにも、
断熱性を良くすることによって、
ストーブなどCO2を輩出してしまうことを少しでも抑えられるようになっています。

さらに太陽光発電そして高効率給湯器を導入して、
CO2の排出をさらに抑えるようにするのが低炭素住宅となります。

この低炭素住宅にすると、長期優良住宅同様に、
住宅ローン控除が大きくなってくれますのでそれだけお得になってくれます。

低炭素住宅にするためには、
普通の住宅よりも費用がかかってしまうようになっているのですが、
その分住宅ローン控除によって戻ってくてくれますので、
環境のためにも低炭素住宅にするのが良いのではないでしょうか。

低炭素住宅はこれからの住宅になってしまっているので、
今ではこの低炭素住宅を建てられる住宅会社が限られていますので、
ホームページなどで低炭素住宅を建ててくれる住宅会社を探すようにするのが必要ですね。

LINEで送る

新しい記事 <<

前の記事 >>

新着ブログ

new
空気がまわって、...
2017.09.02
空気がまわって、...
2017.09.01
2017年度 夏季休業...
2017.08.04
西村建設の新CM公...
2017.07.25
ホームページ プチ...
2017.05.01
モデルハウス見学...
2017.04.26
お問い合わせ・資料請求